どうも皆様こんばんは!あおば鍼灸接骨院の院長井口です。

先日、24日の日曜日に名鉄グランドホテルにて我が母校である中和医療専門学校同窓会の新年交歓会に行ってきました!

9304

僕はあおば鍼灸接骨院で院長として働く傍ら、時に専門学校の非常勤実習助手として授業を行い、学校の益々の発展のため同窓会役員を務めさせて頂いております。

年に一度の集まりですが、鍼灸・柔整師協会の素晴らしい諸先生方が集まるこの新年交歓会に参加するようになり今年で3回目になります。

ホテルの美味しい料理を食べながらたくさんの先生方とお話をさせていただいた中で、とても心に残った言葉がありました。

「現代に生きる治療家は、人の身体を預かる責任感と治療家であることの自負が足りない」

自分も専門学校を卒業して3年経ちました。ようやく仕事にも慣れ始め、後輩たちも増えてきて少し落ち着いてきたつもりでした。

でも、そのお話を聞かせていただいた先生は50年ほどこの仕事をしてきた大先生です。

自分もまだまだ勉強の身であることは自覚はしていますが、院を預かる立場として今まで以上に精進しなければと思いました。

年が明けて早もう1ヶ月が経とうとしています。時間が過ぎるのは非常に早いもので、1日1日を大切にし、

自分がどこまで出来るかやれるだけ頑張ってみようと思います。

 

来月には毎年参加しているボウリング大会があります。

昨年はいいとこまで食い込んだので、今年は本気で表彰台を狙っていきます!笑