腰痛やむち打ち、交通事故治療でお悩みの方は大樹グループの鍼灸院、接骨院へ

スポーツ障害

  • HOME »
  • スポーツ障害

オスグッド病(成長痛)

オスグッドの治療イメージオスグッド病は、成長期の子供に発症する使い過ぎを原因とするスポーツ障害の一つで、すねの骨(脛骨)の前側にある軟骨が剥離して強い痛みを起こします。
オスグッド病は、10歳から15歳くらいまでの成長期によく発症し、いわゆる成長痛です。
スポーツ動作全般で発症しますが、特にサッカーやバスケットボールなどのジャンプやキックの動作を伴うスポーツに多く見られます。

オスグッド病(成長痛)の原因

骨の成長スピードに、膝周辺の筋肉の成長が追いつかず、
大腿四頭筋という、ももの前の筋肉がすねの骨(脛骨)を引っ張り過ぎることが主な原因です。
走ったりジャンプしたりといった膝の屈伸運動のしすぎが
普通に生活している時よりもすねの骨(脛骨)を強く引っ張ってしまい発症します。

オスグッド病(成長痛)の治療方法

オスグッドは症状が発症したばかりの初期段階において治療をしっかり行うことが大切です。
当院では物理療法や手技療法により治療を行っていきますが
特に原因であるももの筋肉(大腿四頭筋)のストレッチが重要になります。
痛みが強く出ている場合には運動を中止することをお勧めいたしますが、
基本は運動を継続しながら治療を行っていきます。
運動中の痛みを抑えたい場合には、サポーターやテーピング療法が効果的です。
また、痛みが続きやすいものには鍼灸施術がオススメです。

シンスプリント(下腿内側の疲労性炎症)

シンスプリントとは脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれ、運動時および運動後に
すねの骨(脛骨)の内側に沿って痛みを訴えるスポーツ障害です。
ランニングやジャンプなどの運動によって起こることが多く、
慢性的な疼痛と圧痛が主な症状として現れます。
少し休んでは練習したりの繰り返しをしていると、楽になったり痛くなったりの繰り返しで
放置し悪化していくと最後には「疲労骨折」を起こしてしまう場合もあります。

シンスプリント(下腿内側の疲労性炎症)の原因

原因は様々で、ふくらはぎのストレッチや筋力トレーニングを十分行わなかったり
硬い地面の上を過剰にランニングするなど足の筋肉を酷使させることなどが原因となります。
ランニングシューズのクッション性が悪いなども原因となります。

シンスプリント(下腿内側の疲労性炎症)の治療方法

シンスプリントの治療イメージ急性期には患部をアイシングして炎症を抑えていきます。
その後は物理療法や手技療法を行い、ストレッチなどで柔軟性の改善
ふくらはぎの筋力強化などを行うことにより症状を改善していきます。
また、スポーツの練習量や練習終了後のアイシングやストレッチング等の指導をしていきます。
当院ではさらに足の変形矯正と衝撃緩衝作用を目的とした足底板療法も行っています。
大会が近いなど、練習が休めない人には鍼灸施術がオススメです。

上腕骨内側上顆炎(内側型野球肘)

成長期にボールを投げすぎることによって 肘関節の内側に炎症が生じ
痛みが出るスポーツ障害です。

上腕骨内側上顆炎(内側型野球肘)の原因

成長期の子供の肘関節は大人のようにまだ完成しておらず
過度な練習や無理な投球フォームが肘にかかる負担を大きくし
肘の内側の骨・軟骨が肘の内側の筋肉に引っ張られることによって骨・軟骨が剥がれ
肘の内側に炎症が起きて痛みが発生します。

上腕骨内側上顆炎(内側型野球肘)の治療方法

野球肘の治療イメージしばらくは練習を控えて患部を冷やし安静にして下さい。
当院では、物理療法や手技療法により 痛みの原因に関連している筋肉の緊張をほぐしていきます。
また痛みが強い場合は、テーピングで固定する場合もあります。根本的な解決としては
やはり筋力アップや投球フォームの改善が有効です。
練習量やフォームの問題もありますが、自然治癒力を高めるために鍼灸施術もオススメです。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

ランナー膝は、マラソンやジョギングをする人に発症しやすいスポーツ障害です。
また、激しいスポーツや自転車を漕ぐ膝の屈伸運動、
ジャンプなどを行う動作によってもランナー膝になってしまうことがあります。
症状としては、膝の周辺で特に外側に強い痛みが起きて屈伸運動などが不可能になります。
鈍痛のようなものから、痛みが酷くなっていき、
さらに症状が悪化してくると歩くことすら大変になる場合もあります。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)の原因

マラソン競技や、アスファルトなどの硬い路面で走ることにより
過度な負担が長期にわたり膝に掛かってしまうと、膝の外側と靭帯がこすれ合ってしまい
その結果「ランナー膝」を発症します。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)の治療方法

ランナー膝の治療イメージしばらくはマラソンやジョギングを休止し、安静にして下さい。
痛くなってすぐは患部にアイシングをします。
膝の腫れや、筋肉のバランス、膝関節の動きなどのチェックをし
必要に応じアイシングやストレッチなど行います。
弱くなってしまった筋肉に対してはテーピングを行いバランスをとっていきます。
炎症だけでも早く抑えたい場合は鍼灸施術がオススメです。

肉離れ

筋肉が急に収縮した時、筋肉を包む筋膜という組織や
筋肉の繊維が部分的に断裂した状態の事をいいます。
症状は、軽度なものから重度のものまで段階的に酷くなりますが、
重度になると痛みは激しく、歩くことができなくなることもあります。
肉離れを発症しやすい人はスポーツをやられている人はもちろん、
20歳以上の男性に多いので若いからと油断していると起こりやすい怪我です。

肉離れの原因

肉離れは急激な筋収縮の際に起こりやすく、
「踏ん張る動作」や「体勢を変える動作」をする時に多く発生します。
また、20歳を過ぎた頃から筋肉や腱の柔軟性も徐々に低下していくのも一つの原因と言えます。

肉離れの治療方法

肉離れの治療イメージ当院では受傷後の2~3日はしっかりとアイシングを行い、
患部にテーピング等の固定療法を施します。
その後、痛みが治まってきたら硬くなった筋肉をほぐすように手技療法と運動療法を行います。
実はこの運動療法が一番大事で、これをしっかり行わないと再発の危険が高くなってしまいます。
仕事をしながら治すなど、治療に専念しにくい人は鍼灸施術がオススメです。

  • 施術メニュー
  • 四十肩・五十肩
  • むち打ち
  • 寝違え
  • 肩こり
  • ぎっくり腰
  • 坐椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • 変形性膝関節症
  • スポーツ障害
施術料金へのリンク

交通事故治療

PAGETOP
Copyright © 大樹  All Rights Reserved.