腰痛やむち打ち、交通事故治療でお悩みの方は大樹グループの鍼灸院、接骨院へ

四十肩・五十肩

  • HOME »
  • 四十肩・五十肩

四十肩・五十肩について

四十肩のイメージ四十肩、五十肩は俗称で、40歳代で発症すれば「四十肩」
50歳代で発症すれば「五十肩」と言われ医学的には【肩関節周囲炎】と言います。
肩周りの筋肉や靭帯などに炎症が起き、突然激しく痛んだり
夜も痛みが続いて眠れないなどの症状が出ます。

四十肩・五十肩の原因

四十肩の原因の一部運動不足で肩や背中の筋肉をあまり動かさない
長時間のデスクワークやパソコンを使っている時間が長くなると、肩の関節は硬直して凝り固まってしまいます。
結果、重いものを急に持ち上げたり、普段はしないような肩の動きをした時、ゴルフやテニスで腕に衝撃を与えた時、体の同じ部位への継続的負荷など、筋肉や腱が痛んだりして肩関節の周囲が炎症を起こしてしまいます。
また、過去に痛めた小さな外傷などをしっかり治療していなかったことなども、原因の一つとなったりします

四十肩・五十肩の治療方法

四十肩の治療イメージ四十肩・五十肩は、急性期、慢性期、回復期の3つの時期に分けられ治療方法も変わってきます。

◆急性期の場合◆

肩関節の炎症により激痛を伴います。
無理に肩を動かさず、患部をアイシングし、湿布を貼り安静を保ちます。
微弱電流治療器などで、痛みを和らげていきます。

◆慢性期の場合◆

患部をホットパックなどで暖めて手技療法により硬くなった肩関節をほぐし、血行改善を行っていきます。

◆回復期の場合◆

ストレッチや自動運動を増やし、肩の可動域を増やしていきます。
どの時期でも痛みの軽減や動きの制限を早めにとるには鍼灸施術がオススメです。

  • 施術メニュー
  • 四十肩・五十肩
  • むち打ち
  • 寝違え
  • 肩こり
  • ぎっくり腰
  • 坐椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • 変形性膝関節症
  • スポーツ障害
施術料金へのリンク

交通事故治療

PAGETOP
Copyright © 大樹  All Rights Reserved.