腰痛やむち打ち、交通事故治療でお悩みの方は大樹グループの鍼灸院、接骨院へ

坐骨神経痛

  • HOME »
  • 坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、様々な原因でおこりうる症状です。
お尻からももの後ろ、また足の先まで痛みやしびれ、つっぱりなどの症状が出ます。 痛みが激しいと日常生活においても支障をきたしてしまうこともあります。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は坐骨神経が圧迫や刺激を受けることによって起こり、いくつかのタイプに分類されます。

◆腰部脊柱管狭窄症◆

50歳以上の中高年齢者に多く見られ、背骨中央にある脊髄の通り道「脊柱管(せきちゅうかん)」が、何らかの原因で狭くなって神経を圧迫し症状が現れます。

◆腰椎椎間板ヘルニア◆

20~30歳代に多く見られ、背骨と背骨の間でクッションの役目をしている椎間板に、亀裂がはいり背骨の間から飛び出してしまい神経を圧迫し症状が現れます。

◆腰椎分離すべり症◆

椎間板や背骨と背骨の間の関節の変性により、腰椎が前へすべり出してしまい神経を圧迫し症状が現れます。

◆梨状筋症候群◆

お尻の筋肉である梨状筋の下を坐骨神経が通っていて、梨状筋が過度に緊張して下を通る坐骨神経を締め付け、圧迫し症状が現れます。

坐骨神経痛の治療方法

坐骨神経痛の治療イメージ当院ではホットパックなどで血行改善を促し、物理療法や手技療法により身体のバランスを整え、痛みを改善させていきます。
日常生活の中で負担を掛けている動作や姿勢の改善も重要になってくるので、「重いものはなるべく持たない」、「長時間同じ姿勢をとらない」、「腰周辺の筋力をつける」ことなどを指導していきます。また、神経圧迫に伴う血行不良改善のための鍼灸施術もオススメです。

  • 施術メニュー
  • 四十肩・五十肩
  • むち打ち
  • 寝違え
  • 肩こり
  • ぎっくり腰
  • 坐椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • 変形性膝関節症
  • スポーツ障害
施術料金へのリンク

交通事故治療

PAGETOP
Copyright © 大樹  All Rights Reserved.