おはようございます、くすのき鍼灸接骨院の院長 迫田です。

久しぶりの気まぐれ更新です。

年末に近づくにつれて、クリスマス・忘年会など何かと飲む機会が多くなってくる今日この頃ですね。

こういう年末イベントが増えてくると、飲みすぎたりして、翌朝つらいこともしばしば。

本日はそんな方へ、院長のきまぐれツボ紹介をしようと思います。

今日は「二日酔い」について

二日酔いはまず、自分のキャパよりお酒を飲むことによって起こりやすいですね。

そもそも二日酔いと言っても症状・原因は様々です。

症状としては頭痛・だるさ・吐き気・食欲不振・筋肉痛などがあげられます。

また肝臓の処理の問題も出てくるので、今回はそこに焦点をあててみます。

飲酒によるアルコールはすべて肝臓で処理されます。

アルコールは肝臓でアセトアルデヒトという物質に分解されます。その後酢酸へと分解され、その後水と二酸化炭素へと最終的に分解され尿として排出されます。

ただ日本人はこのアセトアルデヒトを分解する酵素の活性・分泌が弱いため、このアセトアルデヒトによって頭痛・だるさ・吐き気・疲労の症状がでてしまい、脱水症状とならんで多い原因となります。

なので水分補給をしっかりして肝臓に効くツボを刺激しましょう。

二日酔いに効くツボがこちら。「膈兪」と「肝兪」です。

膈兪は八会穴の血会と呼ばれる要穴のひとつで、血の気が集まるところなので、血中濃度に対して影響を与えるツボになります。

肝兪は肝の背部兪穴と呼ばれるこれもまた要穴のひとつで、肝の気が注ぐところなので肝臓へと影響を与えます。

 

これらのツボは自分では刺激しにくいので、人に押してもらうことが多いツボですね。

ツボの場所がわからなかったり、二日酔いの症状でお困りの方はくすのき鍼灸接骨院にお気軽にご相談ください。

肝兪 膈兪

膈兪」:背中の第7胸椎の下で、左右へ4,5cmほど外のところ

肝兪」:背中の第9胸椎の下で、左右へ4,5cmほど外のところ

 

交通事故や日常生活での痛みなどでお困りではないですか?

名古屋市 北区 くすのき鍼灸接骨院は交通事故、むち打ち、四十肩・五十肩やスポーツ障害等の治療を得意とする鍼灸接骨院で東洋医学と西洋医学の両方に精通し、マッサージや鍼・灸、矯正術などを織り交ぜた治療・施術で患者様の健康をサポートしていきます。

何となくの電気治療やマッサージだけでは根本的な痛みの解決にならないです。原因をしっかり見つけ、患者様にあった治療・施術が必要です。

現在、他で治療を受けている方。今までどこに行っても改善せず、今までの治療方法にご不満や物足りなさを感じておられる方。

是非一度ご来院・ご相談下さい!

名古屋市 接骨院、名古屋市 鍼灸院でお探しなら名古屋市北区 くすのき鍼灸接骨院

骨盤矯正、美容鍼、灸、全身調整なら名古屋市北区 くすのき鍼灸接骨院

愛知県名古屋市北区如意5-6

052-909-7615

https://taijyu-nagoya.com/