おはようございます、くすのき鍼灸接骨院の院長 迫田です。

朝晩の気温が少しずつ低くなっているも、日中はまだジメジメしたりして暑いような、微妙な気候ですね。

さて本日も院長のきまぐれツボ紹介をしようと思います。

前回のきまぐれツボは冷房病には「三陰交」でしたね。

冷房病による冷え性からさらに波及して起こりやすい婦人病(月経不順・月経痛等)にご注意!

今日は「婦人病」について

そんな婦人病にお困りの方には「足臨泣(あしりんきゅう)」がオススメ。

この足臨泣は八脈交会穴、胆経の兪木穴といった要穴とよばれるツボです。

簡単に言うと治療・施術でよく使うよ~ってツボのことを要穴といいます。

婦人病は足の冷えによってさらに悪化しやすいので、前回紹介した三陰交と一緒にこの足臨泣を指圧してあげると症状が和らぐと思いますのでこちらも継続して毎日指圧してあげるといいですね!

ツボの場所がわからなかったり、指圧の仕方がわからない人や冷え性・婦人病などでお困りの方はくすのき鍼灸接骨院にお気軽にご相談ください。

足臨泣」:足の小指と薬指の間から約4㎝上ほどにある骨の前のくぼみ。

ashirinkyuu

受付事務員募集のお知らせ

現在、くすのき鍼灸接骨院では受付事務の募集を行っております。

受付・事務

仕事内容 鍼灸接骨院の受付業務(患者応対)事務作業(簡単なPC入力や電話対応)など

時間 午前の部 8:30~12:30  午後の部 16:30~20:30

    土曜のみ 8:00~12:30

    ※勤務日数応相談

給与 時給850~  ※交通費支給

資格 未経験者OK 経験者優遇 笑顔で元気に患者様に対応できる方

応募 まずはお気軽にお問い合わせください

交通事故や日常生活での痛みなどでお困りではないですか?

名古屋市 北区 くすのき鍼灸接骨院は交通事故、むち打ち、四十肩・五十肩やスポーツ障害等の治療を得意とする鍼灸接骨院で東洋医学と西洋医学の両方に精通し、マッサージや鍼・灸、矯正術などを織り交ぜた治療・施術で患者様の健康をサポートしていきます。

何となくの電気治療やマッサージだけでは根本的な痛みの解決にならないです。原因をしっかり見つけ、患者様にあった治療・施術が必要です。

現在、他のところで治療を受けている方。今までどこに行っても改善せず、今までの治療方法にご不満や物足りなさを感じておられる方。

是非一度ご来院・ご相談下さい!

名古屋市 接骨院、名古屋市 鍼灸院でお探しなら名古屋市北区 くすのき鍼灸接骨院

骨盤矯正、美容鍼、灸、全身調整なら名古屋市北区 くすのき鍼灸接骨院

愛知県名古屋市北区如意5-6

052-909-7615

https://taijyu-nagoya.com/