おはようございます、くすのき鍼灸接骨院の院長 迫田です。

まだ10月なのに朝晩が日に日に寒くなっていって、布団から少しずつ出たくない時期になってきましたね。

こんな時期は筋肉が硬くなって肉離れや寝違い、ぎっくり腰などのケガが増えてきやすいです。

今回は最近患者さんに増えてきた、この時期多いぎっくり腰の話をしたいと思います。

ぎっくり腰

今日は「ぎっくり腰と東洋医学」について

HPにもぎっくり腰について書いてありますが、西洋医学メインのことが書いてあるので今日は東洋医学の観点からぎっくり腰をご紹介します。

まず東洋医学ではぎっくり腰は「気や血の流れがスムーズではなく、滞った場合に起こる」と考えられていて、例でいうと椅子に座りっぱなしで気や血が滞っている状態から、急に立ち上がったりすることによって組織が耐え切れず痛みが出てしまいます。

気が滞った状態を「気滞(きたい)」、血が滞った状態を「血瘀(けつお)」と言います。

これらの状態が東洋医学的にはぎっくり腰で見られます。

もちろん、西洋医学同様に種類がありますが、急に動かして痛くなった場合の急性タイプは運動の不注意により経脈というものなどが損傷し、気滞血瘀が生じてぎっくり腰が起きます。

冒頭で言ってるように寒さを感じてくるこの頃。そのため寒邪というものが影響していきます。

寒の性質に「気血を渋滞させ、痛みを引き起こす」というものがあり、これを凝滞性と言い、文字通り滞らせ、気滞血瘀が生じるので、この時期ぎっくり腰が増えやすいんですね。

もちろん慢性的な腰痛も寒邪によりひどくなりやすいのでご注意を!

次回もぎっくり腰をテーマにしていきたいと思います。

受付事務員募集のお知らせ

現在、くすのき鍼灸接骨院では受付事務の募集を行っております。

受付・事務

仕事内容 鍼灸接骨院の受付業務(患者応対)事務作業(簡単なPC入力や電話対応)など

時間 午前の部 8:30~12:30  午後の部 16:30~20:30

    土曜のみ 8:00~12:30

    ※勤務日数応相談

給与 時給850~  ※交通費支給

資格 未経験者OK 経験者優遇 笑顔で元気に患者様に対応できる方

応募 まずはお気軽にお問い合わせください

交通事故や日常生活での痛みなどでお困りではないですか?

名古屋市 北区 くすのき鍼灸接骨院は交通事故、むち打ち、四十肩・五十肩やスポーツ障害等の治療を得意とする鍼灸接骨院で東洋医学と西洋医学の両方に精通し、マッサージや鍼・灸、矯正術などを織り交ぜた治療・施術で患者様の健康をサポートしていきます。

何となくの電気治療やマッサージだけでは根本的な痛みの解決にならないです。原因をしっかり見つけ、患者様にあった治療・施術が必要です。

現在、他のところで治療を受けている方。今までどこに行っても改善せず、今までの治療方法にご不満や物足りなさを感じておられる方。

是非一度ご来院・ご相談下さい!

名古屋市 接骨院、名古屋市 鍼灸院でお探しなら名古屋市北区 くすのき鍼灸接骨院

骨盤矯正、美容鍼、灸、全身調整なら名古屋市北区 くすのき鍼灸接骨院

愛知県名古屋市北区如意5-6

052-909-7615

https://taijyu-nagoya.com/