おはようございます、くすのき鍼灸接骨院の院長 迫田です。

先日土曜日の夜に前の職場の先輩の送別会に参加し、とても楽しく、有意義な時間を過ごさせていただきました。先輩は名古屋市西区のほうで独立開業予定でその準備で大忙しです。施術の腕もよく、患者様に親身になってくれる先生なので僕も初心に帰り、より患者様に対して親身になって施術していこうと思います!

image

さて今回は「四十肩・五十肩」の治療についてまたご紹介しましょう。

いわゆる四十肩・五十肩」について

以前紹介した「四十肩・五十肩って?」では退行性変性により肩の運動制限(腕が上がらなかったり、後ろに回らなかったりなど)が症状として起きるとご紹介させていただきました。

そのほか原因として長時間のデスクワーク後などに肩を動かすことによって筋や腱などを傷つけ炎症を起こすものもありますが、今回も退行性変化、いわゆる気づいたら肩が上がらないタイプで見ていきましょう。

四十肩・五十肩になると、まず急に肩が上がらず、上げようとすると痛みがでます。顔を洗ったり、棚のものを取ろうとした時などに上がらなかったり、痛むことで気づくかたが多いみたいですね。

四十肩・五十肩の特徴的な症状として拘縮という関節が固まることが原因で結帯・結髪動作というものが制限されます。文字通り帯を締めたり、髪を結ったりする動きで痛みが出て、できないという症状です。

いずれにせよ肩の動きが炎症や拘縮などにより制限されてしまうので、くすのき鍼灸接骨院では関節の動きを正常に戻していくことで炎症・疼痛・運動制限を減らしていきます。

ちなみに、くすのき鍼灸接骨院では、鍼治療で治すことが多いですね。

ただ患者様の中には鍼が苦手な方もいるので、手技も含めたいろんな施術でも治療いたします。

あとお家でやる体操も患者様には教えていますが、その中にコッドマン体操(アイロン体操)や棒体操というものを教えることがありますが、正直この体操は治療タイミングや状態によっては闇雲に行うと余計に悪化する場合もありますので、用法容量を守って正しく行ってください。

体操の紹介もしましたが、状態によって治療法などが変わってしまいますので、四十肩・五十肩関節痛などでお困りの方はくすのき鍼灸接骨院にお気軽にご相談ください。

ちなみに四十肩・五十肩について三回ご紹介したのにも関わらず、まだまだ書けるので、また今度機会があればまたブログでご紹介しますが、気になる方は是非一度、くすのき鍼灸接骨院にご来院ください!

コッドマン体操:身体を前に少し倒し、肩が痛い方の手に1~2㎏ほどの重りを持ち、腕を振り子のようにして前後左右円状に動かす体操(この時もう片手はテーブルなどに支え手すると安定)

image image

受付事務員募集のお知らせ

現在、くすのき鍼灸接骨院では受付事務の募集を行っております。

受付・事務

仕事内容 鍼灸接骨院の受付業務(患者応対)事務作業(簡単なPC入力や電話対応)など

時間 午前の部 8:30~12:30  午後の部 16:30~20:30

    土曜のみ 8:00~12:30

    ※勤務日数応相談

給与 時給850~  ※交通費支給

資格 未経験者OK 経験者優遇 笑顔で元気に患者様に対応できる方

応募 まずはお気軽にお問い合わせください

交通事故や日常生活での痛みなどでお困りではないですか?

名古屋市 北区 くすのき鍼灸接骨院は交通事故、むち打ち、四十肩・五十肩やスポーツ障害等の治療を得意とする鍼灸接骨院で東洋医学と西洋医学の両方に精通し、マッサージや鍼・灸、矯正術などを織り交ぜた治療・施術で患者様の健康をサポートしていきます。

何となくの電気治療やマッサージだけでは根本的な痛みの解決にならないです。原因をしっかり見つけ、患者様にあった治療・施術が必要です。

現在、他のところで治療を受けている方。今までどこに行っても改善せず、今までの治療方法にご不満や物足りなさを感じておられる方。

是非一度ご来院・ご相談下さい!

名古屋市 接骨院、名古屋市 鍼灸院でお探しなら名古屋市北区 くすのき鍼灸接骨院

骨盤矯正、美容鍼、灸、全身調整なら名古屋市北区 くすのき鍼灸接骨院

愛知県名古屋市北区如意5-6

052-909-7615

https://taijyu-nagoya.com/